大阪KITEN

大阪KITEN

「南向き」なのに薄暗い?都市部で注意、意外な落とし穴とは

不動産マメ知識#GA#南向き

最終更新日:2018.05.06

「南向き」なのに薄暗い?都市部で注意、意外な落とし穴とは

弊社では、お陰さまで日々多くのお客様にご来店いただき、色々な話しをしながら、部屋を提案しております。

その中で希望条件としてよく挙げられるのが「南向き」の部屋です。

この記事を読んでいる方の中にも、「南向き」を条件に部屋探しをしてる方は多いのではないでしょうか?

でも、少し待ってください。

確かに「南向き」は日中の日当たりがよく、洗濯物がよく乾くなどのメリットがありますが、すべての部屋に当てはまるわけではありません。

マンションが建っている場所によっては、南向きの恩恵をまったく受けられない可能性があります。

「南向き」でも日当たりが悪い原因

注目していただきたいのはマンションの周辺状況です。

次の地図で示したマンションは「南向き」の部屋ですが、そのすぐ南側には建物があります。

南向きの部屋 地図

この場合、建物に太陽の光が遮られてしまうので、日当たりは良くありません。

つまり、部屋の方角が「南向き」であったとしても、すぐ前に建物があれば、日当たりは悪くなります。

また、前に建物がない(道路を挟んでいる)場合であっても、状況によっては日当たりが悪いケースがあります。

次の例だと、右側のマンションの低層階には、あまり日光が入ってきません。

日当たりのイラスト

このように、「南向き = 日当たり抜群」とは、必ずしもならないことが分かります。

「南向き」以外も探してみては?

もちろん、南向きで目の前に高い建物がない”日当たり抜群”の部屋があれば理想的でしょう。

しかし、「南向き」で条件を絞ってしまうと、それだけ、物件を選択する幅が狭まってしまうことになります。

もしかしたら、「南向き」にこだわるあまり、たまたま空室になった「家賃が安くて、立地が良い物件」を見逃しているかもしれません。

目の前がひらけているマンションを選ぼう

「南向き」を条件に部屋を選んでも、すぐ目の前に建物があれば、日当たりが良くないだけでなく、窓からの眺望も良くありません。

私たちがおすすめするのは、目の前が開けているマンションです。

特に東京や大阪などの都市部では、高い建物が密集しているため、思っていたより日当たりが悪いケースが多々あります。

不動産広告に「南向き」と書いているからといって、絶対に日当たりが良い訳ではありません。

実際どうなのかは、内見をしたり、その地域の物件情報に詳しい不動産屋と相談することが大切です。

The following two tabs change content below.
フクマネ不動産 編集部

フクマネ不動産 編集部

この記事は、エイブルネットワーク 株式会社大坂不動産事務所が運営するフクマネ不動産の編集部が書きました。不動産に関するお問い合わせなどは、無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせくださいませ。
  • 仲介手数料0円買取再販